◎◎が苦手で。。。と。

ついつい、何かができないと

◎◎は苦手で。と口癖のように出しやすいです。

スピの相談を受けている時も

人付き合いが苦手で。。。
男性が苦手で。。。。

診療をしている時も

歯磨きが苦手で。。。
毎日するのが苦痛で。。。

この言葉の裏には 「だから やらなくて(考えなくて)良いでしょ?」との
開き直りを感じずにはいられません。

◎◎なので、◎◎出来るようになりたいです。とか
◎◎だから ◎◎を克服したいです。とか

完了形にすればいいのに。

「克服するために 頑張りたいんです」
「克服する方法を模索しています。見つけたいです」

まで つければ言霊の作用もあるのに。

苦手で。。苦手で。。。

日本人の日本語の 省略があると

苦手だ。という部分までで ”希望が叶います” よ。

それに、その切り口で話が始まると いかにその状況に”しがみつきたい”
のかを 力強く力説されるのです。

だって。無理。 不可能。 自分には出来ない。

そう言われたら こちらが相談に乗ることはありません。自己完結してるんだもん。

本心では嫌がってないの?と思うくらい 変化する事の方が苦痛かのごとくに。

他人に何か依頼したり相談する時は
自分の自己完結した考えを相談という言葉にすりかえないほうが言いと思います。

そんなに自分で解ってるなら 自分のやりたいようにしていればいいじゃん。
と、言いたくなるくらい 
自分の状況を変化させることに抵抗しているのに
それが出来ずに困っている。と言うなら まず自分の固執したものを素直に
オープンにすることから はじめるといいとおもいます。

コメント

  1. ひな より:

    本当にそうですよね。
    あけましておめでとうございます(遅っ!

    健在意識では本気で嫌だと思ってる!
    んですよね、本人は。
    でも、言葉は正直ですよね^^;

    正直な言葉に添って指摘してみても
    本人は「???何言ってるのこの人」顔なので
    やはり、自分で手放す!気になるまでは
    まわりは本当に何もできませんね。
    する必要もないのでしょうけど^^

タイトルとURLをコピーしました