愛と宿命の泉

1986年作。
今はフランスを代表する大女優になってしまったけれど
妖精としかいえないような可愛らしさ。
天使とデートでは内容よりエマニュエルしか覚えていないくらいのインパクト。

久しぶりにBSで見て、、わ。。やっぱり美しい。

と 同時に 

ダニエルオートゥイユの アホ坊ちゃんっぷりが また凄い。

子供の時にみたとき、ダニエルとはわからなかった。
恋に狂う 知恵遅れの男性。。。そのままに見える。

映画 ザ・カンニング のダニエルがここまでになるとは。という感じ。

切ない。けど、辛い。

やっぱり 子供の頃に内容がわからずに見ていたのと大人になって改めて見るのとは
感覚が違うなあと思ったしだいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました