外国人参政権

TVタックル 今見ているけど、
左側の外国人のひとたちは 日本語でしゃべっているけれど
考え方に隔たりがあるなと強く感じる。
内容に同意できるところが殆ど無い。

右側の人たちが言うこと、
日本という国への愛国心が根本だということ、
それのどこがおかしいの?

日本国籍を取得したのは 便宜上だと大声で言える人たちに対して
日本人として イラッっとしてはいけないの?
日本の国籍をとることによってメリットが多いから帰化するという選択をしたわけでしょ
それならどうして日本の国に協力するという感覚を持てないなら
良いとこ取りだけはしたいけど 自分のアイデンティティは日本人じゃないと
大声で言える 精神が訳わからん。

言葉をこねくり回しているようにしか見えないし。

日本の根幹を揺るがす事を
隠しながら進めようとする政権にも 不信感しかない。 

ごね得は もういらない。

大学の教授や准教授が 自分の思惑を非客観的に生徒に教える怖さも感じる。

おとなしく議論するようなフリしながらものすごい我侭なこと言ってるのが
怖いよ。言葉の揚げ足ばっかり取ってるし。
だから信用できないんだって。

妄想だとか危機感によるキ印だみたいな言われ方をしますが

たとえば、外国人が増えて、日本の中で今までよりもより幸福な状態が増えたり
安全面で問題なかったり、地域での摩擦が起きていなければ日本人だって
これほど危機感をもって 声を上げたりしなかったはず。

そうではない状態、摩擦が起きている状態を知るにつれ
国益ではないなと 思う。

横浜という土地柄、昔から国際港として外国人居留地もあったし
今でも中華街や山手など外国の色合いが濃い。
洗練された雰囲気に憧れすら感じる。
彼らが大声で 参政権が欲しいとシュプレヒコールをしているのを
見たことが無い。
だから、ニューカマーの存在が大きな鍵をにぎっているのかなと思う。

もっとやれやれ。議論しろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました