シンクロ

昨日、私が おおなまずの要石を訪ねていたところ、

休日で お友達と映画を見に行っていたという助手さんが
「予言で天災などがあるけど、現実に起こらないのは 本当は起きる予定だったのが
先生みたいな能力者※注釈 変わり者  が起きないようにしているのかもね」

なんて冗談で話をしていたんですよって。

私が富士山~香取、鹿島神宮へ 行くという事は全く知らせていませんでした。
というより、自分でも 突然の行動だったので
だれも 予測はつかなかったでしょうし、
前日に山梨あたりの忍野八海に一緒にいった母親でさえ、
当日 昼間一緒にお茶した娘が直後 行方をくらまし
高速とばして千葉、茨城まで行ったなんて信じないと思います。
不思議と疲れないのが 呼ばれたときの 状態。
脳内麻薬でもでてるんでしょうねw

自分が 抑えているなんて 到底思わないですが、
要石のストーリーとのシンクロに 

意味があるのかもしれないですねと お茶のみながら話をしていました。

ある場所で ○○に名前があるな。くるのが遅いぞ。ギリwって言われたので
きっと 能力者の方々は既に 淡々と仕事をこなしていらっしゃったのでしょう。

助手さんが 「県越えや国の移動は 先生にとって ご近所の散歩みたいなものだから。」っていうようなことをいつも言ってくれますが
入る時って 空間を越えているような感覚に近いです。

自分でも訳わからず 行動させられると言う感覚なので
@もしこれで意味がわかって行動していたら 

「え^そんなに恐ろしい仕事してたの!?って内容だったりしてw。言い方悪いけど 麻薬の運びやに仕立てられた一般人が 普通の荷物と思って知らないで
運んでいるから平然としていられるみたいなw」
って お茶すすりながら 笑っていました。

本当は笑えないことだった!?

私はなんもしてません。 びりっけつですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました