イギリス①


9月15から21まで イギリスのロンドンに行ってきました。
ちょうど連休も重なり、思い切って チケットを調べたら
19の周辺ではもう無いとのことで 前倒しで15になりました。

今年はドイツにも行ってしまったので、どうしようかな~と迷ったのですが
海外の場合は、体が動く元気なうちに 時間が取れるときに
「行こうと強く思ったら行く」のが信条なので行きました。

海外旅行は 1番の理由 度胸付け。
ポンと 全く日本とは環境の違う場所に身をおき、
普段ダレきった感覚を鍛えなおすため。
日本にいると どうしても 安心しきって脳みそがとろけるような感じがします。
なので 海外に身を置くと 安全面でも、言葉でもツアーではない場合
脳みそを使わないと次に進まないし、気を張るという事が大好き。

荷物はきちっと管理する。かぎは基本。荷物からは離れない。
知らない人に話しかけられたら警戒する。

こういう事っていざその時になると平和ボケしている日本では
「え+?」って気をそられちゃうけれど
残念ながら 日本が特別安心な国なだけで 他所に行ったら必須。
カバンに麻薬を知らずに入れられて、運びやにされちゃったなんて
オーストラリアで事件が昔あったけど、ほんと日本人の荷物管理って
ハタから見てても ドキドキしちゃう。信用しすぎだ^って。

1ヶ月、2ヶ月と緊張が続くと おかしくなるので
1週間くらいなら すごく良い脳トレになる。

初日、バンコクでトランスファーしたので イギリスまでは飛行時間
16時間ww。乗り継ぎが5時間くらい時間があったので 1日は
もったいない気がしました。乗り継ぎ時間をどうしようかと思っていたら、
マッサージ発見。 ヤッター・
タイはやっぱりマッサージ安い!!
空港はとりわけ値段は高いですが、それでも1時間1500円くらい。
街中だと900円くらいだったから 日本に比べるとホントやすい。

買い物しないで2時間くらい受けたかったのですが
ミリキテキなものがいっぱい。 フォーも食べて。 残り1時間だけ受けました。
ゴクラクゴクラク。 マッサージオイルに タイガーバームを使ったので
足がスースー・飛行機むくむから。

タイからロンドンヒースローへ。
今回は アールズコートに宿を取っているので
地下鉄 ピカデリーラインで一直線。 ラクチン。
宿は部屋は可もなく不可もなくという感じの MY PLACEホテル。
駅から徒歩1分くらいだったのでロケーション的には凄く便利。
浅いけれどバスタブもあるので それなりに過ごせました。

ヨーロッパに展開する チェーン・イビスホテルも安くて(大体5~6千円くらい)安旅行にはバランスが良いので、今度はそっちにしようかな。

ホテルの周囲は商店街のような通りに面していて 良い感じのパブもある。
マークス&スペンサーで チキンフォアのパテとコーラ・
クスクスアボカドサラダ・サーモンとクリームチーズのサンドイッチ
ゴートミルクのモッツアレラチーズ。レモネード。

そして。。チョコクロワッサン。危険度100.を買って
夜ご飯に備えます。 チキンフォアのパテ、日本で買うと
2000円くらいなのに、ヨーロッパだと400円くらい!!!
1.99ポンドだったから(1ポンド160円)
2つ買う。やった。モリモリ食べるぞ。大人食いする。するぞ。
会計のところにフォークとスプーンがあったので
「もらっていいですか?」「無料だよ~」って・
ドイツでは20ピース入りのフォークを買ったので、助かる。

結局 それらはホテルで食べ、近くのタイ料理やさんへも行き
(ドイツでも食に関してはタイ料理で一息つくようにしていました。
やっぱりアジアの味は時々欲しい)
トムヤンクンフォーを食べたら、何ですかこの唐辛子。ってくらいに
ちびっとで劇辛。 やーーースープに混ぜちゃって 口紅いらないくらい
赤くなった。美味しかったです。ご馳走様・

地下鉄もピカデリーラインとディレクトラインがある場所だったので
どの場所に行くにもらくちん。よかったーー・

空港駅窓口でオイスターカード(日本のスイカ・パスモみたいなもの)を
20ポンド分チャージし、レッツラゴー。

イギリスってインド系の人たちが多くて、どこの窓口でもいる人はインド系。
あの独特のインドなまり英語は聞き取りにくい。
ドゥルユーアンダスタン? ワトゥルユードゥーインジャパン?
なんで”ル”ってつけるんだろ=???

部屋に荷物を置いたら、シャワーを浴び、着替えて早速 
「来た電車に乗る」を実行。
☆タワーヒル終点。 善し・これだ・

今回 ドコの駅でも不思議と道を聞かれ、「ごめんなさい。旅行者なんです」って
何回説明したか。 アジア人だから安心して声かけてくるのかな?

ロンドン塔へ。。。塔へ。・。塔・・・へ。。。  続く。。。。

スコットランド人と朝テーブルを一緒に食事をしたとき、
「君の英語は上手いね。僕の日本語より上手さ」
わ=皮肉って奴ですかww。 彼はエジンバラからビジネスでロンドンへ来たとのことで、 
「エジンバラにするかロンドンにするか迷ったんです・イギリス旅行を決めたとき」
って言ったら、「エジンバラは何もないけどね~・ちなみにエジンバラはイギリスじゃないよ。スコットランドだよ」と 訂正が入りました。
とってもチャーミングな人でした。   ~つづく~

コメント

タイトルとURLをコピーしました