アビーロード


あれは 小学校2年生の頃。 ビートルズにはまっていて
レコードを誕生日とクリスマスに買ってもらい

チラッチューヘエーエーエー♪(she loves you)
レリビー レリビー♪( Let it be)
キャンバミーラー (Can’t buy me love)

なんて 聞いたマンマそのまんま。歌ってました。
小学校3年生から英語の塾に通い始め、(タニ先生は英語の恩人です)
文法を教えるのが凄く上手な先生だったので
まずば文法から。そして英検。

よく、英語をどう勉強するかで「文法は関係ない。その国の子は文法から入らない」という人がいますが、私の場合では 重要だと思います。
特に母国語が英語で無い人の場合、文法である程度の規則性を見つけると
アレンジしやすくなって 結構複雑な言い回しも理解できるし伝えられるようになります。
子供みたいな英語ならば文法は関係ないかもしれないけれど
ある程度の英語のレベルに上がるには やはり文法とリスニングが両車輪。

そしてリスニングはとにかくシャドウイング。聞いて喋る。
聞いたまま喋りまくる。 それには 歌って最高な教材になります。

最初は意味がわからずに口真似しているだけですし、英語は早いし
舌の使い方が日本語とは違うので口が疲れる。
けれど 歌でリズムにのりながら 特にビートルズは ラップみたいな
言葉遣いではないので 1曲歌えると 様々な文法、単語、言葉の裏の意味などが
凄く頭に入ってきて 私の英語人生を最大に支えてくれました。
血肉になっています。 感謝。

他国語が すっと理解できた瞬間があります。
あれはミラクルな体験でした。 聞いた事が理解できる。

そのうれしさからまたまたのめり込み、ビートルズの歌詞カードを自分的に翻訳し
日本語訳と照らし合わせて そして 記憶を強化する。
小4くらいで 今から思うとよくやっていたなとおもうのですが
これは勉強というより 好きなことをしただけなので 全く苦になりませんでした。
ビートルズがやってくる をビデオで何回も繰り返し見て
ウォークマンにはビートルズのテープ。
中学くらいまではまりまくっていました。

ロンドンの中心から少し離れたアビーロード。
地下鉄の降りる駅を間違えたので 離れすぎている場所から
徒歩で 行くと、住宅街しかなくてわからなくなったので
おじさんに聞くと「そんな遠くまで歩くのかい?遠いよ」って。
えええ。そんなぁ・・・ ガンバルス。

子連れの女の人が「うちの近所よ。この先の丘を登って下って右に行くと
あるから。人がいるからわかるわよ。カンバンもあるし。」って
言って さ^-^^^って去って行きました。
アリガトス。

そして。カンバン アビーロード。
感無量。

あの四人が立って歩いていた。と思うと 鳥肌が立つくらいに感動でした。

やはりビートルズオタクみたいな人が外国人でもいて
ずっと写真を撮っていました。

今度はリバプールに行くぞー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました