ガイド交代劇

ここ数ヶ月、特に 前1ヶ月ほどは 
とても周囲のエネルギーが 全くといって良いほど 変わったのが
肉体を持った身でも 感じることができます。

優しい変化ではありません。 激流という感じの変化です。

サーフィンも波が大きくなければ面白く無いのと同じで
チャレンジし、立ち向かうひとたちにはこれほど面白い時期はないのではないかと
おもいます。結果も早く出ますし。

昔、写真を現像するのに数日かかっていたのがスピード現像で
数時間になり、 デジカメで瞬間確認できるという時代になったように。

ガイドさんからの 説明も 前(とはいっても 2~3年前)よりも
もっと説明的になり、具体的になり、 公開的になっています。

その中で、ここ1ヶ月の間の出来事から、
ガイドの仕組みが教えられ、 その中でわかったこと

ガイドも交代する。ということです。

スピの中では「ガイドはあなたを優しくサポートする役目です」と
一方的に尽くして、面倒をみてくれる存在かのように書いてあるものがほとんど
ですが、 私の理解の範疇では、 ギブアンドテイクが成り立っています。

ガイドの性格により、こちらへの関与はマチマチですが
与えっぱなし、面倒見っぱなしという甘やかしは基本ありません。
親と子供の関係にとてもよく似ていますが、
独立した個性をもつ魂同士が おたがいに勉強しあっているような感じです。

ガイドのほうが 少し俯瞰的にモノが見れますし
見通しも立つし 状況判断材料に 情というものが入りにくいので
冷静かつ的確にアドバイスできるという立場があります。

もし全てのガイドが甘やかしで仕事をすれば もっと試練という名のお題は
楽チンにこなせるでしょうし 本当の意味で苦しみや悲しみというお題は
出てこないでしょう。

人は楽なものを超えるときというのは あまり苦労をしません。
そこに喜びはあるかもしれないけれど、
深い気づきや、深い学び、自己反省や 問題解決能力などは育ちません。

問題解決能力というのはものすごく重要で
これをスキルとしてもっているかもっていないかで人生を力強くいきていけるか
悩み 苦しみながら 生きていくかの大きな違いにもなります。
これは天から与えられたものではなく、自分で掴み取るものだとおもいます。
だから、大きな苦しみはともかく、中ぐらいの苦しみは経験しておいて損はないです。

人生の中には  人生を大きく分けるような分岐点がいくつか置いてあります。
その分岐点の選択によっては 積極的に自分の魂を磨かれるようなものもあれば
怠惰にジカンをすごすだけというものもあり、大きな選択を迫られます。

あの時 左に行っていれば、、あの電車に乗らなければ。。。
そういう大きな分かれ目は 事故などのときやすばらしい出会いなどのときに
発揮されます。

最近のこのガサガサ感は、あちらの大きな人事異動があった様子で
人間へのガイドも その人間の選択肢をどう選んだかによって
交代の時期に来たようです。

いつも努力を怠らなかったとか、徳を積んだとかで
レベルの高い能力をもつガイドがつくようになります。というか
自分と同じレベルのガイドがつくのです。

逆に言えば 怠惰な時間で徳を積まずいた場合
それなりのガイドに交代し、一緒に努力しなさいと言われてしまうので
高いレベルのガイドが生来ついていたのに交代した場合
ミラクルな自分の能力以上のラッキーが今まであったとしても
これからは起こりにくくなっていきます。

その 交代劇が 今 頻繁に起きています。
こんなに大きな人事異動は 初めての体験ではないかというくらい。

ミクロでみると 理解できなくても、
マクロでみると そういうことなのかと 納得します。

これは ある意味 自分を写す鏡のようなものなので
正直 恐ろしい話でもあるとおもいます。

コメント

  1. ひな より:

    そうです。そうです。
    ガイド、頻繁に変わりますよね。
    そんでもって、ガイドは
    ハイヤーセルフとは違って
    また違った意識をもった存在で
    自分もその人間を通して学びたいことがあるから
    ガイドについているのであって
    本当ギブアンドテイクの関係だと思います。

    肉体を持った私たち人間が体験していることを
    共有して、一緒に成長しているんですよね。

    自分のレベルに合ったガイドがつく
    っていうのも凄く感じます。
    落ちれば落ちる
    上がれば上がる
    単純明快なんですけどね

    自分を測るバロメーターにもなりますね^^

  2. インチョ より:

    Unknown
    いやん。
    さすがひなさん。わかってるww。

    またリアルでお会いしたいですw機会をもって
    あっちの世界の話しましょー。

  3. ひな より:

    ぜひぜひ
    またお会いして
    お話しましょう^^

タイトルとURLをコピーしました