人生の選択

人生の分岐点って 色々なところにトラップのようにあって

結局 最後は 二者択一 まで 追い詰められるのだけれど、
どの選択をしても 間違いってのは あまりないんだなという事が
おぼろげに理解できるようになってきました。

大きくみてみると結局 いい事も悪い事も 平均化してしまい

最中(モナカではないです)は いっぱいいっぱいで
みぎもひだりも わからずに、自分のおかれた立場が 出口のないパズルに
入り込んでしまったように感じてしまう時があるのだけれど。

ざっと大きく見てみると 沈むときと 浮かぶときがあって
沈んだからといって 底に沈む真珠や宝物を発見したり 海溝を見たりという
それなりに楽しめるし、 浮かび上がっているからといって 調子に乗りすぎる
罠もしかけてある。常に気が抜けない。

そこで大切になってくるのが 本人の心持で、

戦時中をくぐりぬけてきた 年配の方々が全てやさぐれて心が折れた人たちに
なっているかといえばそうではなく、かなりなフィロソフィーを身につけ
尊敬される立派な人たちが多いのも事実なように、
どんな状況であっても  本人の心境により バネにも毒にも武器にも知恵にも
なんにでも 昇華できるということなんだろう。

金属やゴムにも 伸びしろがあって、
剛性、柔軟性、展延性など その素材の性質も大きく関わってくるように
おしつぶされたまま の形で 回復できない素材もあり
何しても最初の形を変えない、戻ってしまう形状記憶合金みたいなものもあり、

千差万別なので 出来事から受けるショックや外的力に対しての
反応のしかたは様々。

ミクロの部分で見ればの事で、マクロ的視点を持てば
もう少し 生きやすくなるんじゃないかと思うことが多々あります。

そのマクロ的視点を やや 垣間見せてもらったとき、
そこにはやはり 覚悟が必要だし、 自分が選択をしたという自己責任も
絡んでくるので 結局人間は 常に 自分自身で選択行動していかないといけないんだなと 腹くくる事実を見させられました。

華やかに見える人生だけれど、老後は一人で寂しく亡くなる。
人生で何の大きな変化もなかった人だけれど 周囲の人に看取られて亡くなる。

簡単な例で言っても、 では あなたはどちらの人生を選びますか?って
いうだけでも、 様々な意見と嗜好があると思われる。

人はどちらの人生もないものねだりであこがれたりするけれど
それぞれの人生を生きても 常に 満たされない気持ちで居続けると
どちらの人生も 中途半端な経験値にしかならず、
後悔の中で 生きるようになってしまう。 

結局は 自分がいる状況が一番自分の境遇、内面を的確に表しているのだけれど。

ひとは ○○のせい。○○だから。と 自分以外の要因のせいにして
自分を省みることは 最後の最後か、臭いものにフタをしてしまう。
これは 三次元的な肉体をもった人間の サガ なのだと思う。

○○ですら、自分が選び取った結果である事を ついぞ忘れてしまう。

私も含め 今日からできる 人生好転の方法として
選び取った事は自分の選択であった と 理解する事。 ですね。

コメント

  1. オリバナム より:

    Unknown
    こんにちわ。
    人生はすべて自分で選んだ結果だ、ということ、近頃わたしも身にしみていて、
    記事を読ませてもらって、更にしみました。

    分岐点のトラップって、自分で設定したものなんですか?(生まれる前に?)
    ガイドさんが後から人生に付け足したりすることってあるんでしょうか?

  2. インチョ より:

    Unknown
    こんにちは。
    トラップって言うと罠っぽい感じですけど
    自分で振り返る分岐点みたいなもので
    自分で設定します。
    経験の足りないときにはガイドさんの指示のもと
    手ほどきを受けますが、回数重ねるごとに
    自分でできるようになるそうです。勉強と一緒ですね。 ガイドさんが試練として与えることはほとんどなく、自分で設定したものが 本当に辛くなってしまったときに ガイドさんが
    ややアドバイスをくれるというような感じらしいです。
    付けるも選ぶもやめるも 自分だけの選択です。

  3. mugi より:

    Unknown
    >ざっと大きく見てみると 沈むときと 浮かぶときがあって沈んだからといって 底に沈む真珠や宝物を発見したり海溝を見たりという
    それなりに楽しめるし、浮かび上がっているからといって調子に乗りすぎる
    罠もしかけてある。常に気が抜けない。

    今晩は。
    とても身につまされる話です。
    インチョさんの仰るとおり、確かに浮かび上がって船でスイスイと前進できることだけが、人生で重要なわけではないのですね。
    新月の願いも届かず、かくいう私も人生の岐路でとてもピンチです。何がどう間違っているのか未だに理解できず焦っています。
    そのような中、とても身に染みるお話です。

    関係のない話ですが、先日夢の中でインチョさんのお姿拝見しました。実際の姿と違うと思いますがなんだか変な気分でした。(笑)

  4. インチョ より:

    Unknown
    こんにちは。
    前にアチラから 人生における地図を見せてもらって、 その地図はとても不思議なかたちをしているのだけれど、分岐がかならず2つ。
    でもどの道を選んでも どんなに遠回りをしても
    目的(ある程度自分が定めた)のところには
    たどり着く事ができるというものでした。

    説明が うまくできないけど。

    遠回りをした意味なんかを考えると
    楽しいかもしれないですね。

    夢であったとは??
    超美人でスタイル抜群ナイスバディーだったなら
    私だとおもいますwwww

  5. mugi より:

    Unknown
    こんばんは。
    夢の中のインチョさんは豪快な女性でした!ばティーまで見えなかったのが残念。(笑)
    インチョさんの記事が更新されるととても浮き浮きします。
    これからも素敵なお話聞かせてください&夏バテにお気をつけて!

  6. mugi より:

    Unknown

    バディーです。ゴメンなさい!

タイトルとURLをコピーしました