日本人の良い所 改善の余地があるところ

日本に日本人として生まれて育って 日本のメンタリティーや常識が
とても当たり前にしみつく年代までを海外の空気を知らずに育った目で
海外のかたがたとの交流から見えてくるもの。

日本の善さと、もう少し。。という部分。

日本の善さというのはもう ”ホントウに人が優しい。”
えええ 嘘だああああと 聞こえてきそうですが、アジア的なウエット感というの
でしょうか。。どんなに突っ張ってみても、根っから腐ってる人たちの
(居ないわけではないですが)日常遭遇はあまりないですね。
それに、最終的なところではお互いの譲歩というスバラしい手段も持ち合わせている。

海外では。。。優しさの違いというのでしょうか。 ドライとウエットの違いだから、どちらがいい悪いは言えないですが 間を取れたら良いのになあと思います。
欧米人の心の底にある暗い井戸も。、。コワーーーーと思うのです。
徹底的に100か0 の人が 多いし。
だけれど、言葉武装するため、日常から気を張って生きている為に
行動は 早いし、現実的だったり 自分的意見というものがはっきりしている。
ここら辺は とてもすがすがしいくらい見事だと感じます。
だから、こちらもその意見とこちらの意見をすり合わせし納得されたら話は早い。

日本人はそこに 情を入れるので、 現実シンプルに考えれば答えがでるものを
わざと複雑にしているように見えるくらい 情が変な方向に向かっている。

優しさと情と 意見の無さと自己の確立の無さと 依存は違うと
ここら辺をもう少し 目を開いてみて、日常の訓練に入れるととても良いと思われます。

何でもかんでも同情し、手を差し伸べることが すばらしいのではなく
相手に、「ここまでは良いですよ。ここ以上はだめですよ」と
やわらかく諭す事が 優しさではないかと思うのです。

日本人の場合、 「良いよ 良いよ」って顔ではニコニコしながら受け入れ、
心では「嫌だなあ」と思いつつ そして最後に「ここまでするなんて 酷い」って相手を攻める。
日本人同士ならば多少は理解できるのだと思われますが
外国人との折衝の中では  「良いよ」といった事はホボ絶対。
そこは イェスと言った方が 受け入れる必要が生じますし
いやだと意思表示しない限り、相手は慮る必要がないくらいの状態です。
それに、たとえNO といわれても そんなの当たり前くらいに
あまり気にしませんし 代替案を徹底的にだしてきます。

どちらがいい、悪いはないです。

が、そういうメンタリティーの違いを 理解しようとせずに
ガイジンはワカラネエとか、ニホンで好き勝手にしやがってというのは
程度の差はあれど ちょっと考慮の分があるのでは?と思います。

外国人でもアジア的以上に根っから優しい人もいますし。
人それぞれ。 ただ、やはり国の影響 後天的なものって大きいなあと思います。

それが逆だと、生き辛かったり 逆に水が合ったり。

いろいろな お題もそこにあるんですが。。。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました