クラウディステルメ


バスタブがない日々が続き、
どーーーーーしても浴槽につかってたっぷりのお湯の中でくつろぎたい!
足のマメも痛くて 歩き回りたくないけど、時間潰すのはもったいないという事で

クラウディステルメに行って参りました。

いや~~~良かった。水着持ってきててよかった。

水深130cmくらいのホテル三日月スパ深い版 みたいなつくりで
ぬるーいお湯で 泳げる。
最後の3日間は 毎日行ってました。
夜12時までやっているので 中で途中ベッドで眠ったり 食事したりもできて
ほんとうに リラックス。残念ながらマッサージは予約が取れず
また今度って感じです。

プカプカ浮いたり、流れるプールでクルクル回転しながら回ったり。

老いも若きも キャーキャーニコニコ。平和だね~~。

午前の部は ほとんど おじいちゃんおばあちゃん達の憩いの場。
水中エクササイズなんかもして、好き勝手にする。
仕事終わりのくらいになると カップルや若い人たちがやってきて
年齢層がぐっと若くなる。
カップルはイチャイチャしたり 水に沈めあったり楽しんでいる様子。

でも、みんな 男女ともに 美しい人たちなので 見てる方もうっとり。
(何みてるんだか。)

こちらは ガチ泳ぎ。 背泳ぎ、平泳ぎクロール。
日本では泳がないのに、ここにきて マジ泳ぎ。

一通り泳ぎ終わったら、ちょっと体が冷えるので
ジャグジーに浸かったり サウナに向かいます。

このサウナが曲者で、 基本 マッパ。(注 真っ裸)
しかも 混浴!!

サウナコーナーに行くと チ○チ○ブラブラなおじさんが 闊歩。
堂々と。 
おばちゃんたちも スイカップ以上のバストで 闊歩。

サウナに入ると男女マッパで座って 汗かいてる。

ここまで行くと もう すがすがしいというか エロチックさは微塵もなく
逆に ハロー!ってな感じで 急にオープンマインドになり
和気藹々な雰囲気で サウナや冷水プールにドボンするのです。

私も郷に入れば郷に従えで 入ったら みんなフレンドリーww
なんか 変に隠す方が いやらしい感じになってきて
ヒューマンネイチャーっすねと。大自然のなかで サルになった気持ち。

しばらくすると急に人数が増え始め、係りのお兄さん(美形)がなにやら用意してる。
ナベに水くんで、葉っぱのついた木の枝を水につけ 焼けた石にばっさりかけて
スチーム。
水をばしゃばしゃ座っている人たちにぶっ掛け始め、
なにやらクルクル回してる。 何かの儀式のように みんな神妙な面持ちで
目つぶって 汗だくだく。

私は正座してたら、前のおじさんおばさんがなんだか 真似してきて
きっと 東洋の神秘みたいなものを 勝手に解釈したんだろうなと
思いました。 ただ 木の板におしりつけたくなかっただけなんだけど。

終わった後、美形のお兄さんに「良かった?」って聞かれてすごい良かった!って
こっちはマッパ。向こうは腰タオルで なんだか 奇妙な感じww

それから コドモのように みんなでプールに入って
自由に休憩。

一皮向けたような 感じでした!

心なしか マッパのおじさんたちは マッパがうれしそうでした。
ケルンでは是非 クラウディステルメお勧めです。

チャンチャン♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました