イーダーオーバーシュタイン


ケルンから電車に乗って2時間ほどで マインツへ。
マインツで乗り換えて1時間ほどで イーダーオーバーシュタインという
昔水晶が採掘できたという街へ。今でも 宝石関係では結構有名らしいです。

旧鉱山に行って 水晶堀するのが目的だったのですが 朝寝坊して
結局 遅くなって あきらめました。

雨が降って寒いなかなので タクシーで鉱山へ。
だ=======れも居ない。。

自然保護区域のなかにあるので 鉱山までは徒歩。
途中 沢山の石が置いてあり 名前も書いてありました。

鉱山のツアー開始。っって言っても 私だけ・ 黄色いヘルメットをかぶって
受付兼モギリ兼案内のお姉ちゃんと一緒にいざ 鉱山へ。
今は 海外から安い水晶が入るので 採掘はしていないそう。
日本も同じですよなんて話ししながら ぐるっと見学。

中ではアメジストやスモーキーのジオードが壁に張り付くようにそのままありました。 1個ほしいなあ・・・

奥に進むと山に降った水が湧き出た 泉があって神秘的な風景でした。
「けっこう深いんですよ」とお姉さん。

鉱山から出たとき、ふーっと風が吹き、なんだかエネルギー充満した感じでした。

帰り道、陳列されている石に呼ばれ、
「石も 生きているよ。。。」って言われました。

帰りの電車から ライン河を見ていたら ローレライって書いてある札発見。
その前後あたりから 水の妖精のような、ニンフというのでしょうか、
そういうものがちらちらしていたので、
ああ、。これがローレライの由来かな。なんて。

てっきり1人の妖精だけなのかとおもっていたら 結構数いて
へ===と思いました。
船を沈没させるなんて 怖いけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました