情に流されすぎない事

おぼれるものは わらをもつかむという感じです。
生きてる人も死んでる人も。

自分だけが大変という意識にとらわれてしまうのでしょう。
そしてパニックになって 周囲に撒き散らすか
この人!と思った人間に 頼ってくる。

情に流されると 自分も流されるので ある程度ドライにならなければ
やっていくことができない。一緒に流されるのはゴメンだし。
ドライになる為の自分の指標というか ガイドラインというか
マイルールを決めるためにこういう事されたら 切るとか
これは受け入れられないという事態を経験し、 
そういう事を沢山練習させていただいたこの数ヶ月。

人として生きていくうえでは やはり 嫌な奴になりきるのは辛いし
できれば八方美人でも良いから角は立てたくないと思いすぎてしまう。

が、それが逆に 事態を悪くする事もあるのだという事や
情に訴えて 他人に問題を○投げする輩も居るのだという事を感じた。

情けは人の為ならず(いろいろな解釈がありますよね。この言葉)

日本という国は 情に流されすぎな感じが特に最近強くする。
「可哀想だから」とか、「大目に見ましょう」みたいな 本質の解決にならない
情でずるずるベッタン ニッチもサッチも行かなくなったことが膿のように
噴出しているようにしか見えない。

強制送還されそうなフィリピン人の女の子が日本で生まれ育ったから
日本に居させてください。ビザください。って 支援者ともども訴えてるけど
あくまでも日本は法治国家なので、法にのっとらないで情で解決するのは
法治国家の根幹を根底から無視しているようなものだし、
それで ナアナアにやって 異例な前例などを作ってしまうと
オレもオレもって 止め処もなくなってしまう。そういう事で
問題が 広がりを見せる事が多々あり、 もどかしい。

応援、支援する人が 責任をとるの?といえば ほとんど違うしね。
それで何か問題が発生したら 国の責任でしょ? おかしいよ。

ばさっと切っておいたら、ここまでには成らなかったであろう事が
情という 優しげな毒に犯されている。

日本人の特性、情は 情がわかるもの同士では成り立つが
分かり合えない人も居る事、情を利用する人間にまで良い顔するこたないという事も、もっと力強く 考えるべきだとおもう。

可哀想ったぁ 思った人が 面倒みれば? って。

かなり 辛口のドライに なってきてしまった:::

コメント

  1. 狂剣組合員 より:

    インチョさま
    寂しいで~す。
    是非お言葉を!!

  2. aquablue(インチョ) より:

    こんにちは。
    ありがとうございます!
    年末年始はなにかとバタバタしていたので
    更新せずにすみませんでした。
    確定申告まではまだ バタバタするとおもいます。 ときどきのぞいてやってくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました