ろうそく

クリスマスの時、ロウソクを沢山つけて仕事をしていました。
その時には ロウソクはそんなに違いはないのかな?位におもっていました。

おおまかな違いとしては、蜜蝋のものがポワッとするから良いもの、
和ロウソク(得に絵ロウソク)は霊さんが喜ぶ。
あとは 火がついていれば 同じなのかとおもっていました。

ところが、ガイドさんが
「良いロウソクと悪いロウソクがあるよ」とポソっと言いました。

前に 「赤いロウソクは点けちゃダメだよ。垂れるのが血が滴るみたいで悪い霊が
寄ってくるから」と言っていたので クリスマス用に買った赤いろうそくをどうしようかとおもっていたのですが、混ぜて色を変えれば良いみたいに言っていたので
(まだマシくらいね)溶かして他の色と混ぜて ピンクにでもしようかとおもっています。 

それ以来赤いロウソクはお蔵入りしていたのですが、他の色のパラフィン系の
ロウソクを点けていたら ガイドさんがそう言ってきたので

「どう違うの?」と 尋ねたら、「自分で見てみれば?」と言うので
ふっと横にあったロウソクをみると。。。。

その火を握ろうと 無数の手が伸びていました::::::::
ガイドさん(その時は天使系)がその手を払いのけてwww
悪さしないようにしていました。

ああ・本当だ。これじゃ 良いものどころじゃナイネ。と。

時々 仏壇のロウソクが倒れて火事になったりするのは
おそらくこういうものたちのいたずら(というか、彼らは光に対して
救いを求めちゃった結果なのだけれど)なんだろうと理解しました。

だって 信心深いのになんで 焼け死ぬの?と 不思議だったのです。

くれぐれも パラフィン系の質の悪いロウソクは
ヒーリングには用いないようにしてくださいね。
値段は高いけど、蜜蝋のワックス100%が 今の所安心だと思われます。
あとは 和ロウソクね。

あの 手は 嫌だなあ:::::

コメント

タイトルとURLをコピーしました