追体験Ⅲ

なぜか、アイヌの人たちが よく出てくるんですよ~・

これも、ある女性の経験を追体験した時の話です。。。。。

私は開拓民として北の地にやってきました。夫と子供。3人で
厳しい冬を越そうとしていました。
そこへ、毛むくじゃらの大男のアイヌ人たちがやってきました。
そして、夫と子供(男子)を殺してしまいました。
その男はその家を乗っ取るという感じで冬の間中 ここで生活しました。
私は最初は奴隷のようにこき使われていたし、夫と子供を殺されたという
憎しみの目で、この男を見ていたのですが、
長い間一緒に居る事によって、お互いに情がわき、子供も授かりました。

自分の中ではとても葛藤がありました。夫を殺した憎い奴、、、だけど。。・

そしてしばらく後、、男が自分のコタンに帰るから一緒に来いといいました。
子供を連れ、コタンに着くと、実は男には妻と子がおり
村人達からの冷たい視線と、その女性からの怒りと嫉妬の気持ちが
痛いほどよくわかりました。

狩に行くといって出て行ったのに、、、と。

が、自分もその男に連れてこられた身、当時は女一人で生きていける時代でもなく
着いていくしかありませんでした。

男はそんな二人の女性に対して 何かするわけでもなく、
我関せずで 酒ばかりのんでいました。

~~~~~~~~~~

その時の、絶望的な感情、女としての憎しみと嫉妬と情、
憎んだ相手に許すたび 裏切られた事。。。

これって何ドラマ~??ってくらいに ガツンガツン心に入ってきました。

コメント

  1. ポーレット より:

    こんばんは☆
    何度も読み返して、考えて、 同じ女として切なくて悲しくて‥と、私が感情移入しても仕方無いのですが こんな壮絶な「追体験」をされてるなんて 勝手に心がキュンとして勝手にインチョさんを尊敬&心配してしまいました。
    楽しくて笑い転げちゃうような「追体験」もあるといいですね。←これまた勝手かな(^^;)

    陰ながら応援しています☆

タイトルとURLをコピーしました