返答⑤

Unknown (もぞもぞ)
2008-10-12 19:26:43
すいません、質問追加させていただきます。

最近多くなっていると言われる自閉症児、ダウン症児などは、あちらからの視点でみると、どうしてそういう障害をもって生まれてくるのでしょうか。彼らと話をすると何故か癒されたりします。

ついでにもうひとつ。
自分の過去生が見えたり、そういう記憶が集積されたところに行ける方が増えているみたいです。過去生を知るために必要な条件とかあるのでしょうか。

質問が不適切でしたら無視してくださいね。
以上、失礼致しました。

こんにちは。
これも、適切かどうか 難しいので、不快に思われた方がいたら
本当に アホが 書いてるぜ!くらいに気にしないで読んでくだいませ。

えっと、ダウン症ですが、環境的な影響が大きいとの事です。
母体だったり、父親の 肉体的変化 が あると。
電磁波の影響であったり、化学薬品の影響であったり。
昔と違って、今は こういうものにさらされていかなければ
生活がなりたちませんよね。 そういう中での
器質的変化が あるとの事でした。 それは 決まった母体や父親で
決まってでてくるものではなく、 確率的なものだと。

自閉症には、環境適応能力の不適合という面があり、
言ってみれば、入力と出力のバランスが コントロールできない状態だという事みたいです。 細いホースに大量の水を一気に流し込むと破裂するか
暴れだすか ホースが抜けるかという感じ。
人はだいたい 社会性を身につけていく過程で その水の出す量を
自分で調整しますが、 自閉症の子にはその社会性を身につけるという作業が難しく、量の調整が難しいと。
しかし、サヴァン症候群もあるように、
力の力量と方向性さえ間違えなければ 物凄い能力を(実は人間が元々もっているレベルの能力が タガが外れて そのままむき出しになるだけなのですが)
発揮するけれど、 その 方向性と適性を見抜く側がまだそのレベルに
達していない場合が多いので、その適性がどういうものがあるのか、
または 何なのかを見抜ければ 人間の可能性の一部を垣間見せるということです。 ヘレンケラーもサリバン先生という人により適性な力で適性な
指導をされたので、3重苦という状況を打破したのとおなじようなものだということだそうです。

過去世の事ですが、
見たいと思って、意識をそちらに向け、心に浮かんだ事を
最初は判断なく受け入れていく 

だいたいスピの根本になるテクニックなのですが、
これを練習すれば 見えますよ。

必要な条件としたら、、、 子供のような素直な心で受け入れられるかどうか
かなあ。 見えたまま最初のとっかかりって スットンキョウなものが多いし。
(でもつなげていくと 意味がつながって、ある世がすがたをあらわしはじめるんですけどね。 それが 面白い。) 

コメント

  1. もぞもぞ より:

    なるほど!
    インチョさん、答えにくい質問だったとおもいますが、ありがとうございました。

    ダウン症児は確率なのですね、とすると、どの親から生まれてくる可能性もあるわけですよね。たまたまその子がその親から生まれてきたと。ということは、こういう子供たちのケアは、その両親だけでなくて、社会全体でしなければならない、ってことなんでしょうね。(日本は、親だけがその荷を背負わされるような気がしています)

    自閉症児のこともよくわかりました。サヴァンについては制御されている能力が、タガが外れた状態、というのがすごく驚きです。本来人間はみんなそんな能力を持ってるんですね。

    過去生については、「選ばれた人だけ、準備が整った人のみ見られる」と思っていたので、なんだか楽しくなりました。ちょっと練習してみます。

    お忙しい中、どうもありがとうございました。

  2. ダウン症

    未来の仕事人:特別支援学校教員・杉本まゆきさん /岩手 毎日新聞児童の障害の種類…

タイトルとURLをコピーしました