ふと考えたエコロジーリサイクル

ふっと。

生ゴミ処理機が欲しいなあというところから またまた
インチョの妄想が発展。

うちでは草木が多いので、こまめに剪定すると
大量の葉っぱが出ます。 大きめの植木鉢に土とEM菌を入れておくと
だいたい こまかい葉っぱで数週間~1ヶ月ほどかかって土に帰ります。
その土をまたさらに植木鉢にもどすと、ホカホカの良い感じの土ができています。
生ゴミ処理機の 簡易版って感じですね。

自治体では生ゴミ処理機の補助も出る所があるそうですが、
これって結構つかえる!って思います。

毎日食卓から出るなまごみ。日を空けると ヤバイ物に変化。
おいしく食べたツケなのか。。はたまた朝おきれなくてズボラになったツケなのか
発酵ではなく、超腐敗の状態。
そうなると、ドロドロ くさくさ、 おえ~~って感じ。

そして生ゴミ処理機があれば、毎日の生ゴミも剪定した葉っぱも発酵し
肥料となり、土に帰ってくれる。(ゴミだし減る。朝寝られる)ってことで、

★★ インチョの 小学生的 発想★★

じゃあさ、せかいいち、ちょうおおきい なまごみしょりきがあって
あつめた なまごみ を 土とまぜながら
ぶんかい して その できあがった 土お(訂正 を)
さばくのつちと おきかえていけば ながいじかんかかっても
ほしつりょくのある 土になっていって、みどり がそだちやすくなって
さばくかが とまるんじゃないですか。(横浜市 小学1年

単純にね。砂漠化が進行している土地の土は カッサカサ。
草木も生えない 保水力もない状態。 そこの土をガーっとタンカーか
何かで運んで来て、 
先進国で出た生ゴミや草木のゴミといわれてしまう
水分を含んだ物を 処理する為にその土に EM菌などを大量に投与して
巨大な生ゴミ処理機と同じ操作をし、また その土を 元の土地に
蒔いて戻していくと。 タンカーレベルで 入れ替えしていけば
結構な土の量になるし、 そういう土なら管理がしやすい。
当初はタンカーで運ぶ作業などが 大変でしょうけれど
仕組みが出来上がってしまえば、どんどん楽になっていくし

なんで たとえば日本の土に混ぜてもっていかないの?
わざわざ その砂漠の土をもってくるわけ??ってことに関しては

その土地にもどすなら なるべくよそのものではなく、その土地のもの自体を
使ったほうがいいから ですと。
はっきり言って 土だけでも よその土はよその土地、地域で活用しにくいそう。
その土地にあるものはそこにあるだけの 意味があるんですよ。

環境が整えば、支援を受けるだけであった国々も生産力が上がり
自立の道がひらけるんじゃないかと。
そうしたら 生産国として どうどうと 国際社会に出られる。

それに、保水力のある土は、地球上の表面を守り、
水蒸気を発生させて 雨もつくりやすくする事ができて、
砂漠化が進み 植物さえも生えられない土地にも 環境の変化が起きると。

こういう環境の事は 長~~~い時間をかけてもいいという前提で
いかないと、 短期で結果だせだせ!でやってきた 科学の進歩のツケが
異常気象だったり、土壌汚染だったり 環境破壊だったりしたわけで
基本のきほん。 極力 化学的なものをつかわないローテクで
時間がかかってもやり続けることが必要なのではないかと。

保水力、菌の繁殖力がない土を 再生させて そこから再び
農作物を収穫できるようにすること。

オシメの材料などに使われる化学薬品で保水力を高める事をするより、
(こちらのほうがコストも手間もかからないでしょうけれど、、、)

生命の基本のサイクルに則ったやり方をし、極力 化学薬品などは使わない事。

そうすれば、ゴミ問題、砂漠化の問題が 改善していくのではないかと。
そして農作物がとれるようになったら 飢餓からも人が救われるのではないかと。

ボランティアとか、募金とか、やらないよりやったほうがいいけど
手段を間違えると その相手国を ダメにしてしまうこともあるわけで

井戸堀。もちろん水という面ではとても大切なエッセンスだけれど
掘って 消費して おしまい ではなく、
その掘り出した水をいかに 無駄なくつかうのか。という面でも

土の保湿力を高める という 事が重要になるのではないかと思っています。

本来はこういう事を地球が自然にやってくれていた。
けど、今は人間の 勝手さから厄介な事が増え、地球(ガイア)が
「もうしらねーよ」ってふてくされて 酒のみ始めちゃってる状態なので
(いっしょに 飲もうぜ。。。ガイアさんよぅ。。

ごめんね~って 処理の部分で お手伝いしてあげる事も
できるんじゃないかと思うのです。 
新しい化学薬品を使うのではなく、自然から学び、そのサイクルに
のっからせてもらう。

あ、もう一個思いついた。

たとえば 日本の家庭に生ゴミ処理機とEM菌混ぜた砂漠の土を設置して、
(補充する時にはホームセンターなどで専用のそれを購入)
ホカホカの土をつくってもらう。そして それを引き取ってもらって
検疫の問題があるので 検査をし、 OK なら 現地に運ぶ。
引き取ってもらう時にも 手間賃と電気代として 土を売る事ができると。

個人の家庭のゴミが 多少なりともお金になるとなれば
結構日本人って そういうの好きな人多いし。

ただ、売り買いするときにも ズルする人がいるので
日本の砂場の砂かなんか 混ぜてカサ増す人もいるから
売る時は元で買ったKgがわかるレシートと交換ということで。

それぞれに手数料をちょびっとだけ乗せれば 商売として
国の産業にもなるんではないだろうか??な~んて。

いちおう 産業としてなりたたないと ボランティアだけでは
世の中回っていかないのは 過去の失敗でもあきらかですからね。
商売になれば それで生計を立てる人もでてくるわけで
積極的な 運営が始まると思われます。

あ~~。 また 妄想った!
 

コメント

  1. ねずみ より:

    Unknown
    世界の不均衡は加速していますね、富めるものはより富、貧しいものは貧困のスパイラルから抜けられない。
    本来ならば飢餓や貧困、しいては戦争や環境問題に至る迄やり方や各自の考え方をちょっと変えれば解消出来る筈と専門家の試算では可能とありますが…
    誰かや何かの苦悩や歪みの上に成り立つ幸せはいつかは破綻するので、私としてはボランティアは自分の為であると思うのです。
    支援も自立出来る方向で行わないと、ヒッキ~でニートな中年息子を持った年金受給家庭の様な苦悩が待っていますよね。
    ポリマーで緑化計画がありますが、長期的にみてポリマーが自然環境に与える影響はどうなのかとか生ゴミ処理機やコンポストで作った土は塩害とかないのかと考えてしまいます(外食産業が出す廃棄物は塩分が問題で飼料にするのも大変だときいたので)
    土の層を作るのに何百年単位の時の流れを要すると聞いたことがあります。自然は偉大です。人間もそのお手伝いが出来るように頑張らないと…

  2. aquablue(インチョ) より:

    Unknown
    そうですね。格差の拡大。
    昔からそういう事は実はあって、今よりももっと手立てがないくらい酷かったけど 昔の人は それなりにどうしようもないから受け入れて行った状態じゃなかったのかなと思います。
    幸せ度数でみると、明らかに今の時代のほうが
    むかしより生活はマシなのに 幸せ度数は低い。

    ああ野麦峠なんか見てると 今の時代で
    よかった・・・って思います。

    なんでその不均衡が不愉快 極わりないのかというと、
    「知る事ができる。情報が手に入る」ということが引き鉄になっているんだろうなって。

    情報が入りにくい時、人間って自分がいる状況がそんなもんだろうって思える。
    でも 「違うらしいよ!?」ってなると
    自分は騙されているんじゃないか、損をさせられているんじゃないかと疑心暗鬼になる。
    そこが、不均衡にまつわる精神的ダメージなんじゃないかと思います。

    もし、国々がお互いの国の状況を知らずに
    自国だけで生活していた場合、おそらくどの国の国民も町内会レベルでのイザコザくらいでしょうけれど、国レベルになると、
    資本持ってる国が「お前ビンボウだなあ。かわいそうだ。お前の状況はビンボなんだよ・わかったか!?」って
    尊厳もなにもメチャクチャにしてる様子に見えてしょうがないのです。だからボランティアも
    深く、本当に何が必要なのか考えずに
    「あの人たち可哀想だから」って感傷からくる
    おせっかい 自慰的干渉が 大嫌いなのです。

    自分は実は可哀想だとは思ってなかったんだけど;;;;って言われたらドウシルンダ!と。
    長くなりそうなので これも お題でかきます。メモメモ。
    ありがとうございます!

  3. ころちゃん より:

    Unknown
    EMの素晴らしさは5年前から身をもって
    体験しております。
    EMで洗濯掃除ガーデニングにしてから
    風邪をひかないのとアトピーが治りました。
    最近は洗剤、コーヒー、飲み水等も活用しています。経済的だし地球と生き物に優しいなんて
    嬉しいですよね!(^^)!
    世界中に広まり活用されると素敵ですね♪

  4. インチョ より:

    Unknown
    今の時代、清潔除菌。と念仏のように唱えられていますが、 実際は滅菌状態では生きられないですし
    (腸内だって細菌が働いてくれる)

    各家庭が出した 消毒薬で自然界にいる菌すら
    ぶっ殺してしまっていると
    どこかしらでバランスがくずれてしまうのは
    明らか・

    うちもできるだけ 良い菌を出すもの、
    菌に働いてもらえるような 製品を選んでいます。
    トイレもあの タンクに入れるような
    消毒&洗剤は全く使わずに、
    毎回 ブラシでこすれば いいこってすから。

タイトルとURLをコピーしました