ディープパープル


大学時代の彼氏が、リッチーブラックモア役。
私は ジョンロード役。

彼は音楽関係の仕事の後歯医者になった変わり者で、
長髪にパーマネントカールをかけ、前ボタンおなかまで開けた黒いシャツ
ばっかり着て、 ぎろっとした目するのがお決まり。
ギターの腕はウルトラすごくて、ミスタービックのポールと一緒に
ホテルであわせるくらいしていた 変わり者でした。

私は ひじで鍵盤をギュイーンしたりするだけ。
10年習ってたエレクトーンは微塵も使えませんです・
なぜエレクトーンかというと、あの足を使う所と、音がとっても
エレクトリックですばらしく見えたからです。

おかあたまに、「ねえ=ハモンドオルガン買っておくれよ=」って
駄々こねて、おねだりしていたのですが、
スーパーファミコン買ってもらってすっかりオルガンの事は忘れておりました。

ジョンロードのあのオルガンがなければ DPは成り立たない!くらいの
スンバらしい テクニック。
教会のパイプオルガンを思わせるような重厚なバロックの響きが
DPを伝説にまで押し上げたのだと思います(なんちゃって☆)

楽器屋さんで、ジョンロード奏法 という教本を買って
見ながら練習。 結局最後は ブッパパパパパパパッビーって
両手のひらで鍵盤叩いてるだけ・

でも、気分は ジョンロード。

お猿さんのほうがもうちょっと丁寧にひくであろう鍵盤。

いつも彼の部屋で、 ハッシュを演奏していました。

彼のお母様は 出産の時以外 常に着物を着ている上品な人で、とっても
美しく、頭も良いやさしいお母さん。

そんな お母さんを いすにチョコンと座らせて

私と彼が 頭振り乱してギュィィーン。ジャンガジャンガ!
「ナーナナ ナーナナ ナーナナ ナー!!!」
ディープパープルを生演奏。

「お上手ね♪よくわからないけど☆」と。 
お母さんは ほめて伸ばすタイプの人でした
ありがとう お母さん!

コメント

  1. 狂剣組合員 より:

    不思議・ふしぎ。
    リッチー・ブラックモアにジョニ黒をお持ちした事があります。それはレインボウの武道館公園の楽屋でのことでした。J・Dの様な風貌の新しいボーカル、グラハム・ボネットを連れてきた年です。当時本多芸能でバイトをしてまして、ウドーからご指名を頂きバックステージを担当しておりました。朝9時から楽器の搬入を終えて楽屋に揃えるものを青山の紀伊国屋まで買い物に行きサウンドチェックまでにお迎え体制を整える・・こんな仕事です。リッチーはやはり怖かったです。コージー・パウェルは自分のステッカーと親友のために極太スティックまでくれたのに。ちょうど山野楽器からフェンダーチームが暑苦しい三つ揃え姿で彼とギターを訪ねてましたね。その場に居たのですが、彼のギターはフレット間を深く滑らかに削ってあり、山野楽器が驚いていました。相当な握力がないとあんなもん弾けないよーと。実話なんです。
    なんか今日も馴れ馴れしくすいません、インチョ。

  2. aquablue(インチョ) より:

    Unknown
    え~~それもまた凄い話ですね。
    元彼(故人)が聞いたら涙流してうらやましがるくらいの話だと思います。
    レインボウも行きましたよ・
    彼女のキャンディス (だったかな?)と一緒でご満悦って感じでした。

    元彼も真似してフレットの間を
    歯医者の機械(エンジン)で削っていました。
    なんか凄いこだわりようでした。
    新宿の楽器屋さんまで連れて行かれましたいつも。

    そんな彼も亡くなり、彼の思い出と共に
    DPはあります。。。。

タイトルとURLをコピーしました