アイヌの人??

私は生まれも育ちもヨコハマなので、
北海道や、アイヌの方々の生活や歴史などは 
ほとんどしりませんし、北海道にまだ 行った事ないんです。
北は盛岡まで。 行って うにどんをおなかいっぱい食べるのが夢です。

昨日、実家のトイレの中で いきなりトランス状態に入りました:::;

すると、頭にベルトみたいなのを巻いた少女が青と白のチュニックみたいな
服を着て、やってきました。 こんなときにこんな姿で 失礼というと、
「こちらも失礼しました」と。 

そして、コタン(?) の長老の家に行きましょうと
皮のような布のようなものでできた入り口の扉をくぐり、
長老に挨拶をしました。  むこうは こちらを ワジン(?)と呼びます。

そして、あるお願いごとをしてくる代わりに 熊の皮をくれるといいました。
しかし、私は 「それはあなた方にとっては大切な財産ですが、今の
私にはもっていても盗賊に襲われるだけなので、結構です」とお断りすると、

「ワジンなのに、物を受け取らないとは面白い人だ」と。

ならば 長老が飲んでいる 白いサケのようなものを1杯くださいといいました。

ふわ~~っとイイ感じ☆

そして、ある 相談を受け、そしてそれに対する答えと方法をお話し、
ある程度解決した様子でした。

その コタンのちかくで、 ザクロ石という赤い宝石のような石が取れると言って
いて、 それを刀の柄などの装飾につかうと面白いなどという話をしていました。
日本刀のような 渋い、地味な刀ではなく、
とっても美しい金細工のような、え~っと、トルコの小刀のような
装飾が綺麗な刀で、コタンに作るのが上手い人がいると話していました。
ワジンも欲しいか?というので、どのくらいのお金を払えばいい?と聞いたら
いらないと言われたのですが、 悪いので、熊の皮2枚を持っていきました。
ホント、物々交換みたいでした。

ザクロ石も丁寧に見せてくれました。 ガーネットのような綺麗な石でした。
小袋にためておいたり、いろいろな装飾に使うと言っていました。

そして、「子供が生まれたので、その子の名前をつけてくれ」というので、
その事件にちなみ、 「くまの子」という名前をつけました。
大きく、優しく、頭がいい子になってくださいと願いをこめて。
不思議なのは、おすわりをしているのです。
まったくの赤ん坊ではありませんでした。

どんな名前がいいのか、どんな名前をつけるのが普通なのかわからなかったのですが、 熊の子。  

コメント

  1. まぽ より:

    素敵ですね
    文を読んでいる間、
    情景が見えた様な気がしました。
    ざくろ石が輝いているような。

    いつも読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

  2. インチョ より:

    Unknown
    こちらこそありがとうございます。
    チャネリングの面白さのひとつに 
    今では忘れ去られているような生活様式や
    生活習慣、人々がどのような暮らしをしていたのかなどが 垣間見える所です。

    丁寧に教えてくれたり、薬草の名前を教えてくれたり。 太っていると相談したら
    熊笹茶がいいよと教えてくれました。
    早速ネットでしらべ、購入しました!
    昔の人々はこういう風にチャネリングが当たり前にできていたんだと思います。
    そして生活の知恵として、理にかなった方法を
    それと知らずに使っていたのだと強く思います。

  3. まぽ より:

    熊笹茶
    お返事ありがとうございます。

    それは素晴らしい!
    ちょうど、最近お腹周りが気になっていたので、私もお知恵をお借りして熊笹茶を購入してみます。

    チャネリングについて、私もそう思います。そうして、様々な価値観を見につけて、お互いを尊重して生きていたのではないでしょうか。

    インチョ様のブログを読むたびに、この世界は自分が考えているより複雑で楽しいのだから、楽しく感謝して生きていきたいなー、と、ぼんやり思っています。

    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました