お払っちゃってる??

こういう世界とお付き合いすると、
いろいろなかたがたと(人間じゃない方ね。)お付き合いも始まってしまって、

友好的であればいいのですが、そればっかりじゃなくて
人を脅かすのが好きな輩もいれば、どうにか嵌めてやろうとする輩もいて。

基本 根っからの悪100%はいないと 思いたいほうなのですが、
ちょっと、 いい加減にしときなよ。という者もいます。

よくお払いなんて 人を騙す常套句のようなものですが、
ほんとうにお払えるなら 何回も何回もするようなものでもないでしょうし、
まずは、プロの心構えとして術者に頼らせない心も一緒にお付けするのは
必要最低限のルールなんじゃないかと思います。
自立と、自己解決の力をつける事が 解決の一歩。
頼らせて、自分をあがめさせるって、ちょっと違うと感じます。

そういう面では、頼らせない=ある程度の距離を作るという事は
常に心がけるべきことだと思います。

お払いというと、エイヤ~みたいな 武闘系な 感じでやってるのを
お煎餅食べながら テレビで見てましたが、
(昔○○さんて フェラーリ乗ってたお坊さんいましたね。
東京の最高裁法廷で本物みました。
傍聴席には ワニ革の靴はいた本物のようなひともいました☆)

実際、お払いというか、いろいろな者たちからの相談を受けていたり
攻撃するよ!的になってるものに、
力と力みたいに するのは 結局本当の解決にならないという事が
おぼろげに見えてきました。

だって、向こうだって色々言いたい事があって、表現方法が間違えちゃったり
やっぱり人間側が問題ありだったりした場合、人間側のいう事は聞けるけど
向こうの話は まあ、普通聞けないわけで、 一方的な話になってしまうのです。
だから、両方の言い分をちゃんと判断しないと 結論を出すのは早急になりすぎちゃうのです。

そして、その言い分を聞いてると、ほとんどの場合気が済んじゃうらしく、
「ふん。ふん。」と一生懸命 聞いてると、 「ま、いいか」と
ふ~っと 優しい目になってくれたりします。

結局は、精神力の強さ=勝ち負けを左右する。って感じ。

あちらの世界で私が気に入っている所は、
肉体を持つ身としてはやはり 力、体力ではどうしようもない場合が多いですが
あちらだと、精神力の強さと、信念のようなものが一番効力を発揮する事です。
最後のさいご、勝負を左右するのは 気迫です。

なので、一生懸命精神力を強くする事(心を広く視野を広げ心の安定を保つこと)
で 接する事によって、自然と お払っちゃってる事もあります。

お払いって言うと ちょっと失礼ですね。

さよならさんとでも言いましょうか。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました