人間は短期間の間借り人

こういう地球規模の災害を目の当たりにし、
向こうの言い分を聞いてみたり、自分なりに考えてみました。

災害や被害状況として経験する事は、あくまでも
「人間側」からの視点で、地球側や高意識のものからすると
一概に被害ではない事もあるそうです。(向こう的に。)
様々な災害で被害をこうむった方々に対してはお悔やみの気持ちですが、
また違った視点のうえでの出来事、こういう面もあるのかとご理解ください。

人間も生きて行く為や、便利な生活のために様々なものを利用します。
地球の内部にあったはずの石油などをどんどん地表に汲み出したり
様々なものを化学反応させ 別のものを作り出したり。

まだ一昔前くらいには周囲にあるものだけでも十分に生活できましたし、
自給自足であれば 今私達を取り巻く問題の多くが消滅すると思われます。
しかし、便利な生活に慣れきってしまい、恩恵を当たり前と受け取りすぎ、
自然への畏敬の念が殆ど失われてしまった今、
噴出してくる問題の多くが 精神的な問題もはらんでいます。
精神的な問題は 気のバランスにもつながっていて、
地球全体の気のバランスが崩れ始めると、そこに生活する者達にも
多大な影響を与えるとの事です。 見えない気というものなので
認識が難しく、わかり辛い状況ですと。

人間として生を受け、誕生して大体100年。
あちらの存在はもっともっと長く大先輩なのですが、
回転が速い人間のサイクルの中でその大先輩の存在が忘れられたり
お付き合いが薄くなったり、逆に誤解が生じたりという感じがおきてきました。

人間が田畑を耕している時、雨は敵ではなく恵の雨でした。
人間の建築物や集落がなければ 地震はたいしたことなかったでしょう。
ちょっと地球が身震いしたようなものです。

向こうからすると人間のサイクルがあまりに早く、かつ変化も大きすぎるので
その流れのギャップが大きくなっているようです。

人間の世界で考えると、たとえば虫が大量発生し、それも虫自身が身を守るために
毒や攻撃をしかけてきたとしたら、 多少のものなら無視しますが
人間もイライラして 攻撃したり、殺したりしますよね。

お互いがお互いの言い分があるようです。

ただ、あまりに人間の現世利益、利便性追求が大きくなりすぎると
しわ寄せが来るという感じが強くします。

自然の原理や道理に基づく発展であれば 問題はないのですが。。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました