戸隠神社

昨日 突然「あ、戸隠神社に行こう!」と
横浜から車を走らせ、4時間ほどかかって 長野県の戸隠に行って参りました。

先日 お会いした霊能者の方が、天狗を連れていて、訊ねたら
「○○に行ったときいた者だなあ」って。。
○○を思い出せなかったのですが、 ブログを拝見。戸隠 でした!

その時は特に気に留めず、、、、

でも、「戸隠いこうよ!」と どうしても止まず、
カーナビを見ると、え~4.5時間かかるよ~~~~
おまけに高速代高いし~~~ガソリンハイオクだしー=====

突き動かされるように 、、、、、

と、遠い!!!電車にすればよかったかな?と後悔;;;;;

善光寺の横をするっと抜けて、奥に奥に。。。。
さすが ニンジャっぽい雰囲気だなあと。
宝光社から、古道を抜けて中社へ。

奥社が本来お参りする場所だったのかもしれないのですが、
時間も押し迫っていたので、
中社だけで 帰りました。中社の横の滝のあたりで少しぼ=っとしていて
持っていた水晶を洗い清めて。

なぜか、メインの奥社に行こうとおもわなかったので、
不思議だなあ。と感じていたのですが、
後から 戸隠神社をしらべてみると、奥社は昔 女人禁制!

だからかあと。

今の時代、ある程度 女人禁制ってゆるくなっていて、
ダレでも入れるのでしょうけれど、
入れるのと 入ってもいいのとは違うわけで、
その女人禁制というのも、男女差別と言う感覚は受けず、
その昔は男性でも参拝するのも難儀な場所に女性が行って
命を落としたりしないように との配慮だったのだと思います。

車でだいぶ近くまではいけるところですが、
昔では険しい道のりでしたでしょうし、
足元も悪く、 お参りに行って 怪我したとでもなったら
大変だと言う感じ。

無茶する事と、真剣に何かすることは 違いますから。

何故急に思い立って、矢も立てもたまらずに参拝したのか
自分でもわからずに、 聞いてみたところ、

「じかに参拝する事によって ご縁を結ぶのじゃ(面通し)」との事。

何が起きるわけではないのですが、
「ここに来ましたよ」とご縁を結ぶイメージ。
頭や、ネットのなかで調べるだけでなく、実際にそこに足を運ぶ事が
タイセツなのだと言う感じを受けました。
普段歩き回らない私が、
古道を歩くのも、不思議と風がきもちよく、
天狗さんが守ってくれたのかもしれませんね。

戸隠神社の奥社のうしろには 九頭竜にまつわるものがあり、
箱根神社も九頭竜ですよね。

龍さんに呼ばれたのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました