常に幸せじゃないといけないの?

こう書くとみもふたもないですが、

☆いつも”ハッピーです♪”じゃないといけないの??って
ふと思いました。

スピリチュアル系のHPやブログを見させてもらうと、
なんだか 幸せにならないとダメじゃん! 的な なんともはて
薄らっぽい感じを受けてしまうのは ダメダメなのかな

私の感じるうれしい幸せは、(Mなのかしら;;;)
辛い事があったあとや、辛い出来事の中で 見つけた小さい幸せ。かな。

もちろん、手放しに幸せだな~~と感じるのが1番なのですけれど。
花に水やりをしている時に虹がでるとうれしいとか、
犬がお腹むき出しにしてひっくり返って甘えてくれるのがうれしいとか、
夜の匂いが良い匂いだった時に うれしいとか。

でも、 ガッツリ人間力レベルアップ の時の 充実感
乗り越えた時の幸せ感、達成感って、これらの比でないくらいに
とっても幸せで、感謝感激!と感じてしまいます。

どういうときかって、、、 殆ど 苦しい時に道を踏み外さなかった時とか
自分がひどく悲しい時にも他人に対して気遣いが出来た時とか
ダレも見てない、誰も評価しない、誰も気づかないけど。
(見てる人は必ずいる)
自己満足の世界なのかな。

手を抜こうとすれば いくらでも出来る時。
ちょっとズルしてしまいそうな時。
他人を押しやり、自分だけなんとか良い思いができそうな時。。。
悪魔のささやきを、 なんとか 気力で押しやった時。
 
自分も大変だけど、もっと大変そうな人に優しく出来た時とか、、

四季がある、厳しい冬や、熱い夏があって、秋の風や春の日差しが有難く
思えるように、
常に常に辛さや悲しさ、苦しさから逃げるように幸せを追い求めるのは
本末転倒と 思えてしまうのです。

スピリチュアル系の人々の  ”癒し”という言葉に
薄ら寒さを感じてしまうのは、  やさしいやさしいだけでは
本当に人間の本質や、 物事の本質を見ることが出来づらいのではないかと。

かけっこで、ビリになる子が可哀想だから 手をつないで一緒にゴール。
↑ どこら辺が可哀想なの??可哀想と思う人が可哀想な人を作るんじゃないの?

ビリになりたくないから走る練習をしたり、
ビリになった悲しい恥ずかしい気持ちがわかったから他人にも気遣えるようになるとか、 トップになった子は逆に他ができなくても俺にはこれがあると
一つの心の支えができるとか。

そういうことで、乗り越える力や、自分より助けが必要な人に手を貸せるとか
小さい事にもありがとうと思えるとか、が 出来るんじゃないのかなと。

苦しい時はもちろん周囲に助けを求めてもいいと思うし
ヒーリングなどを利用するのもよいと思いますが、

「苦しさから逃げるための物ではない」のだということ。

乗り越えるための 心のありよう、道具として使うくらいの気持ち。

コメント

  1. amy より:

    Unknown
    まさに、ここ数日考えていたことでした。
    インチョ先生ありがとうございます。
    勇気が湧いてきました~!

  2. Knudsen より:

    Unknown
    こうゆうことってとても大切にしたい事ですよね。なんだか先生の言葉ひとつひとつに癒される感じがします。

    最近すこし疲れぎみだったのですが、すこし元気がでました。今日はいい日になりそうです☆

  3. ひな より:

    本当にそうですよね。
    何にもなくただ幸せだけなら
    もうこの地球にいる意味がないですから
    お亡くなりになってください…と^^;

    同じ環境の中で
    どれだけ自分らしい幸せを見つけられるかが大切かなと思います。

    よくスピ系批判の方の中にいると思うのですが
    スピに足を踏み込んだら
    一切の不幸がなくなって誰にでも菩薩のような状態でいなければ本当のスピ実践者じゃない!
    みたいに言われるんですけど

    そんなわきゃーないですよね。
    生きている限り、好きも嫌いも
    幸せも悲しみも悔しさも色んなものを感じるけど
    それをどう捕らえて、どう抜け出すかということなんじゃないかと思うんです。

  4. aquablue(インチョ) より:

    Unknown
    黒を知らないと白の白さがわからない。
    白を知らないと黒の黒さがわからない。

    どちらも知らないと偏った視点しかもてないと
    バランスが悪い。

    陰陽の世界になってしまいますが、
    どちらも体験しないとどちらも本当に理解したといえないとおもいます。

    不幸にならないようにスピリチュアルがあるのではなく、闇の中にいて光を見出せる心を
    育てることが勉強なのだとおもいます。

    光の中にい続けたら光はみえないですからね☆

タイトルとURLをコピーしました