医療崩壊②

医療崩壊では、本来医師が思いやりを持って暖かく迎え入れるはずの
患者さんを 「厄介な事を持ち込む輩」という目でみてしまうようになった
救急現場の不幸。

アメリカでも一時期 医療訴訟がとんでもないことになっていたことがあって、
訴訟のための保険が高額になり、患者さんに跳ね返ってということが
問題になっていました。
そして、医療側のガードも固くなり、患者さんとの間を取って
訴訟の額を上限決めたとか、医者個人を追及するのを控えるとか
色々と紆余曲折があるそうです。・

コメント

タイトルとURLをコピーしました