今日も治療について考えた

患者さんの治療方針で
一番の 脳みそを使う場所が 欠損補綴。
歯が抜けた場所をどうするかって事です。
最終的なデザインをある程度初診の時から頭に描いておかないと
行き当たりばったりな治療になってしまうので
まず、初診の時が一番の脳みそ使いどころ。

X線写真を見て歯周検査して、写真とって。。
ちっちゃい虫歯程度ならば基本あまり脳みそを使わないのですが

さすがに年季の入った崩壊ケースで数年後の経過まで
いくつかのケースをシュミレーションし、説明します。
なるべくわかりやすいように気をつけているのですが
患者さん自身の生活の質へのこだわりや、歯への関心度も治療方針の
エッセンスになるので 初診時にある程度患者さんのパーソナリティーを
見極めるのもひと仕事です。

歯医者としては歯を少しでも残したい!と思っても
患者さんとしては 治療期間をできるだけ短く、かつその後
”絶対に近く” 何事もないようにして欲しい

崩壊の程度が軽ければ ほとんどその後予後良好な場合が多いのですが
残念ながら 歯医者には 清水の舞台から飛び降りてきた人達が来るので
どっから手つけようかなあ。。。って人が、、、多くて。。。
さらにその ギリギリラインの歯をヨッコラショとたたき起こして
使えるまでつかってもらうようにしてみるのですが、
物事には限度もある、、、なんて 歯医者の愚痴です。

抜かない歯医者は良い歯医者 抜く歯医者は悪い歯医者とはよく書かれていますが
患者さん1人1人、本当にケースが様々なので
抜かないでギリギリ残して 痛みを頻発するのがいいの?なんて場合もあるわけで

どんな先生がいいの?と聞かれれば
それもまた人と人とのご縁で 相性がありまして、
怖い権威的な先生が安心という人や、
何でも聞いて答えてくれる先生がいいという人や
自分の考えた治療方針に従ってくれる先生がいいという人もいて

一番は先生との信頼関係を築くことですね。

先生も人間。それぞれの考え方や経験や物の言い方 雰囲気 センス
忍耐力、集中力の違い、手先の器用さなど
色々な要素がからみあい、一人として同じ先生はいないので簡単な治療以外で
違う歯医者に行って同じ事をされる事って殆どないです。

その先生の好き好きな治療方法もあるし。

病院選びをよく聞かれますが、 自分の居心地のいい所としか答えようが無く
なんとも、、難しいです。

コメント

  1. green より:


    私、もうかれこれ28年くらい歯医者に行ってないんです。

    虫歯、出来ないんですよ~

    もともと歯が丈夫なんだ、って思ってますが、
    定期健診とか行ったほうがいいんですよね。

    どこも痛くないと、なかなか行こうとは思わないんです・・・

  2. aquablue(インチョ) より:

    検診
    できれば1年に一回は 見てもらったほうがいいですよ。 小さい虫歯ならすぐ痛くなく治療できますし。
    患者さんが自覚症状があってくるときって
    殆どが結構大きい虫歯に移行しているので
    予後も悪くなりやすいです。

    それに、今はクリーニング、ホワイトニング
    でも通われる方が多いので 
    歯医者=痛い、ではなく
    美容室感覚で利用してはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました