全ての答えに答えがあるわけではない

うちでの相談の予約の電話で
よく言われるのが「占いをしてるって聞いたのですが:」という事。
まず、占いとは違いますという事を説明します。

占いという言葉から連想する事があまりにも手垢がつきすぎているので
どのような言葉でこの仕事を表現したらいいのかなとよく考えます。

霊感霊視では 怪しさに拍車をかけてしまうし
スピリチュアル相談も なんだか プチスイーツ♪っぽい響きだし

いくつか相談を受けることで なんとなく経験してきた事は
「見えないことが答えなこともあるんだよ」という事です。

数学のように 全ての決まった答えがはっきりなく、
それをお答えする事が最終目的ではない場合。

または、その求道する姿が実は答えである場合。

コメント

タイトルとURLをコピーしました