モンティーパイソン フライングサーカス

モンティーパイソンについてはとってもディープな
大好きさん達が沢山いるので 
日の浅い私などが語る資格もないのですが、

本当に、、、大好き。。。。

暇があると見てます。
特には ビレッジ イディオット(田舎のオバカちゃんって感じ)
ガンビーLOVE。

賛否両論 日本のNHKでは おそらく絶対に流せないでしょうが、
これで 「うふふ」と笑ってしまうのは人としてダメダメでしょうか?
これくらいの毒が 、、大好物です。

ドリフのバカ兄弟も だ~~~~いすき。
これだけで ご飯4杯は頂けます。

良い顔 してる!!!!!
昔の日本での吹き替え版は見たことないのですが
コレクションボックスが売られたそうなので 絶対に買います。
吹き替え、コメディーの訳って、原作の面白さが半減しているものが
多いから殆どはそのままで見せて欲しいのですが、
さすがモンティーパイソンは吹き替えさん達も芸達者な方がたなので
安心して見れそう。

最近のお笑いって、、と 語れる程でもないですが
瞬間的に面白いと思えるときと、
言葉のレベルが低いなあと感じるときとあり、

きっとその人たちの普段の生活の中での物事に対する感性が
浅かったり、上っ面だけだったり、逆にディープだったり
出ちゃうんですね。

昔のコメディアンを観ると いまのお笑いと違う面白さがあって、
古い映画を見ても 笑いあり、ほろっとする所ありで芸達者さん達ばかり。
品とインテリジェンスを感じます。
そして、他人を楽しませようとするプロフェッショナルな優しさを感じます。

ギャーギャーどなったり、格好だけで一発の人達や
他人よりも自分が大好きで、お笑い芸人になって注目を浴びたいだけの出たがりなアホには食傷気味。

何回見ても面白いなあと思えるような じっくりしたものが観たいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました