ヘレンケラー

よくある質問で、「先生には師匠がいるのですか?」ってな感じのもの。

答え。 「精霊たちです。」生きている人間では 直接の師はいないです。
経験や人間関係から学ぶ事とすれば 全ての人が師ともいえます。

なので、教科書もないし方法も自己流。

霊能の人とお話すると それぞれ面白いくらいに得意分野や能力、見え方、
使い方が違う。 

象の例え話であるように、
目を隠した人達が象を触った時に 鼻を触った人、尻尾を触った人、
耳を触った人。それぞれが違う事を言いますが、象を触ったという事実が
共通しているという事と同じでしょうか。

三重苦を持っていたヘレンケラー。
彼女とサリバン先生は 何も方法がないと思われたところから道を見つけ、
そして素晴らしい結果を生み出しました。

精霊の世界からすれば 人間の世も ある意味ヘレンと同じ世界です。
そこから 手段を見つけ、鍛錬し、精度を上げていくことが
これからしばらくのお題です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました