ガーデニング②

ガーデニングをするときは

医院の建物を中心に 絵をかくように デザインします。

フランスの郊外では花が当たり前に街中で管理されていて、
とっても美しく、全体のバランスが良いのですが、
日本での軒先ガーデニングは なんというか、

あの、長いプラスチックのプランターに とりあえず花を植えましたみたいなの。
それが 道に無造作に置いてあると、美しさを半減どころか
景観と全く相容れない状態で、はっきりいってビンボクサイものに見えます。

私が花に手をつけていなかった理由の一つが、そのデザイン性のない
花の植木鉢 のイメージがあったからです。

なぜ 外国では無造作においてある花も綺麗なのに
日本だと ゴミみたいにうっちゃってあるように見えるのだろう。。。。

長年の謎でした。

それが、色々と外国に行ったり、写真を見たりして
バランスのとりかた、花の高さ、家との調和を計算するのが
必須だと解り、自分なりに作っています。

ガーデニングのデザインも街と同じで、
最近の日本の都市風景は無計画、殺風景、無秩序。

街が美しいバランスを保てば 環境に価値が付き
街の安全性も高まり
地域活性化に繋がるとおもうんだけどなあ。

もう、今の人達って 環境の良さやうつくしさに価値を見出すひとたちが
増えてるでしょう?
とっても素敵な事だとおもいます。

 

コメント

  1. ポリカーボネートについて知っていること

    ポリカーボネートは、ポリカといわれています
    よく、カーポートやCDなど私たちの身近な製品であるのは間違いありませんが
    いったいポリカーボネートとは?ポリカとは?

タイトルとURLをコピーしました