地球へ

昨日コンビニで 「地球へ」を 買い、初めて読んでみました。
地球へ、、 は私が小学生の時に たしか映画化されて
親戚のオネエチャンがハマって私に説明してくれたのですが
難しすぎて解らなかった 思い出があります。

当時の小学生の頭では 善悪等の単純な話しか理解できなかったのです。

今、その時の思いを捨て、挑んでみました。

「!!!そうそう。その通り・絶対この作者はヴィジョンを見たはず」と
思うくらい 未来の(別次元の事ともいえるかも)
状態を表しています。

精神のチェックとか、そのチェックされるときの 状態とか。

やはり 物事の理解には時間と経験が必要なんですね。

子供の時には わからなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました