エジプトでの思い出

高校生の頃に両親とエジプト旅行に行って
ピラミッドの中にも入った事があります。

その時は全く意識が無く、ただ「珍しい所に行きたい」と両親に連れて行ってもらいました。
その時は結構色々な海外に連れて行ってもらっていて、
エジプト、アフリカ、中国、ヨーロッパ。

今このような事がおき始め、思い返してみると

エジプトでは行く先々で人によくしてもらい、
ジャスミンのオイルを沢山買ったり
石造の数々に驚愕したりしていました。 
別段エジプトに恋焦がれていたわけではないので 
ツアーで連れて行かれるがままに 買い物したり 観光したり。

ホテルでは 夜中に窓のすぐ外から沢山の人が話しをしている声が聞こえ、
朝カーテンを開けてみたらテラスなども何も無い 高い位置の窓だったり。

そして、空港の免税店で金やさんを見ていたら
お店の人にとても気に入られて 金でできたアンクのペンダントヘッドを
プレゼントされました。 何も買ってないのに。
それを思い出し、今身に着けました。

旅行に行くと、旅先では結構色々もらいます(^^;;)
買い物もしてないのに 「これ上げます」ってくれるのです。
ある人が、「アナタには何か捧げたくなっちゃうのよ。由縁のある土地なら
なおさら何か感じるものがあるんでしょうね」って言ってくださった方もいます
その節は有難うございました。皆様。

もちろん自分から「何ちょうだい。」っては 絶対言いませんよ。;;

そして ある見える人が教えてくれた事を 思い出しました。
(ほんと、何も考えてない人みたいですねえ)

アナタは今までエジプトでの神官や巫女のようなものをしていた人です。
エジプト以外でも、錬金術師や科学に関わる仕事をしていました。
王の近くで未来を占い、助言をする役目もしていたし、
普通の水を 毒にも薬にも変える能力もありました。
しかし、王の敵にもその能力を狙われ 王に忠誠を誓っていたアナタは
地下にひっそりと隠れるように生活していました。
表に出ると 狙われるからです。
そして 技術や能力を悪用されないよう封印してしまいました。

アンクの先が剣になっているものが見えます それが身を守ってくれるようです。

その時は「へえ~そんな事もあるんだ~」と思っていたのですが
その見てくれた人も「こんなの初めて。面白い」と 言っていました。
そして その見てもらっている時に
周囲には 珍しいものを観察するように 人影のようなものが沢山みえたのです。
腕組みしてる人、ちら見している人。

「みんな珍しいものを見たいから沢山スピリッツが集まっているわ」と
その人は言っていました。

3~4年前なので、 記憶のすみになっていましたが
思い出しました。。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました