体質、性質 イメージの活用方法

昨日 岩盤浴とアーユルヴェーダマッサージを受けてきました。
は~~~~~キモチイイ。。。

マッサージはオイルマッサージが大好き。
普段はオリジナルのオイルを使ってマッサージしてもらっています。

アーユルヴェーダの場合自分の体質のオイルを使うので
私はカパ(水や土)とヴァータ(風)体質の物をチョイス。
カパの性質そのもので、むくむし、色は白くて黒くなれないし。。。
とにかく冷えひえに冷える。

火の性質の人達には 唐辛子とか香辛料は余計に性質を助長してしまうので
バランスが崩れるらしいですが、 私の場合は とにかく火の性質が足りないので
辛い物、香辛料を 紅茶に入れて飲むようにするようになりました。

星占いでも私は水の性質がもっとも強くて、
さらに医院名は 意図せず  ”アクア”
そしてアーユルヴェーダの診断でも もろ カッパ(水)

水だらけ。そりゃ バランス崩れたら むくみまくりますね~~。

そこで、 イメージによるバランスの取り方がひらめきました。

★ おへそのあたりに 赤い炎が燃えているのをイメージ。
★ それが全身に広がり、暖かく、キモチイイ感じを感じる。
★ 特に末端はイメージが届きにくいので 両手足の先が赤くなったように
イメージをする。

★ もういいと感じるまで 続ける。

こういうイメージものは 効果がでるのが、潜在意識に定着してからなので
できれば 思い出したときに繰り返していると
自動車の運転のように 無意識でも自動的に調整するようになります。
練習あるのみ!!!

それぞれの体質に合わせて、自分の足りない性質の物を同じようにイメージして
使うといいと思います。

あと、もっとより効果を求めるなら 現物(蝋燭の火とか)を
近くにおいて 凝視するといいと思います(取り扱いに注意)
潜在意識にいかに定着させるかですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました