親子関係

子供は親を選べないとよく言います。
しかし
前世を観てみると、大概 前の人生でも大きく関わった人が
家族として集結するみたいです。

それは、実子、養子問わず、家族という集団の一員として生を受けた時、
その濃い人間同士のふれあいの中で
学ぶべき事が沢山あるからです。家族だからこそ学べる物。

他人なら 排除してしまえばそれまで。
しかし家族は、子として生まれたり、親として存在した場合 
なかなか離れる事はできないです。なので 学びが多い。

中には、「うわ、、大変そうだ」と思うケースで、
仇、敵同士が親子の関係になる場合。
:お互いを認め合い、許しあう事を勉強すること!っていうお題。

片方が、「私の面倒を見る義務がある!」とばかりに、
生まれ変わっても必要以上に相手に面倒を見させる場合。
親が借金等して子供が頑張って後片付けするようなパターンに陥りやすい。
日本人は依存心が強いので、このパターンは結構よく見られます。

逆に、愛情あふれる家族としては、
以前も家族だったり、親子が恋人同士の関係だったり。

親子が前世で恋人だった場合、(変な意味ではなくて!!!)
お互いに思いやりがある家庭だったり、
子供を一生懸命守ろうとする親だったりします。
(逆もあり)
これは少し切ない感じがして、でもとても感動します

時々 親離れ、子離れできないパターンになる時もあります。

生まれて一番最初に触れ合う集団は家族です。

自分の家族関係をもう一度見直して、
親だから、子だから ではなく、自立した人間同士として考えてみると、
パターンが見えてきます。
上手くいっていないと感じる家族も、乗り越えるべきお題が隠されています。

よくパターンを見つめ、相手を理解する事。許す事、
時には情に負けず切り離す事が 勉強だったりします。

コメント

  1. ☆七夕前夜に、前世の娘の事を想ふ~ソウルメイト達へ~

    松尾大社に行ったら、うっかり…いや、しっかりと七夕の用意がされていた。
    明日は七夕祭り、晴れるといいね^^☆
    さて…、宇宙で家族だった娘がいる。
    現在、小学校2年生だけど宇宙の記憶庫(アガスティアの葉みたいなもの)と
      繋がってるんかな。普通に …

  2. 七夕前夜に、前世の娘の事を想ふ☆~ソウルメイト達へ~

    松尾大社に行ったら、うっかり…いや、しっかりと七夕の用意がされていた。
    明日は七夕祭り、晴れるといいね^^☆
    さて…、宇宙で家族だった娘がいる。
    現在、小学校2年生だけど宇宙の記憶庫(アガスティアの葉みたいなもの)と
      繋がってるんかな。普通に …

タイトルとURLをコピーしました