スピリチュアルな体験

私のガイドが私にさせたいことは最近変わってきました。
前まではスピリチュアルな事をみずから知って、体験していくと言う事。
それも1から。
今は 自分が体験した事を系統立てて他の人に伝え、
その人自身が自ら体験できるようにする事。

自転車に乗れる人をみて まだ乗れない人は「凄いな」って思うかもしれないけれど、 どうやって乗れるようになったか、教えてもらって自分で乗れれば
乗れる事が当たり前になって、自由自在に行動範囲が広がる。
なかなか乗れなかった人が乗れるようになると、簡単に乗り方を覚えた人よりも
理論的に、また 何が原因で乗れないのかを自分の体験から考慮して
的確に次の人に教える事ができるからだそうです。

私も自分の能力を全く理解していない所から始まりました。
そして、方法を学びながら活用していく事を覚えていきました。
なので 能力がないと思っている人達の気持ちも感覚もよくわかります。
また、最初から学ばなくても使える人は高飛車になったり道を誤りやすいから
人格が形成された頃、人生経験を積んだ後に開花する方がいいそう。

誰にでもできる事です。
特別な滝行をしたり、何か修行をしたわけではありません。

強いて修行と言えば、自分の人生に責任を持って毎日を生きると言う事でしょうか。
いつもできるだけ笑顔で居る事。辛い事があったときこそ学ぶ事。
挨拶は自らする事。感謝の気持ちを持ちありがとうを常に言い続けること。

簡単そうですが、徹底するとなると最初は恥ずかしかったり
変なプライドがあったり。

どこかに篭って特別な生活をすることがスピリチュアルの目を開発する事ではなく
肉体を持った人として他人との交わりで自らを知り、
自らを律する事で心の弱さを知る。そして他人の弱さも許す事ができるようにする

現世での日常生活を意識して送る事が一番の修行です。

最近のスピリチュアルに傾倒している人の中には
現世の日常生活をおろそかにして他人との交わりを絶ち、自分達だけの視野しか
もてない偏った人も多いように感じます。

一番の修行は この 煩悩の多い世の中で心穏やかに過ごす事だとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました