インチョより

忍の国を観て

更新日:

忍の国を観ました。 ジャニーズ&エグザイル系は大の苦手なのですが大野君凄いですね。

鈴木亮平さん(変態仮面)のファンです♪

自分の見ていた忍びの世界と少し違うな?と感じたところ

子供に技を仕込む場面で子供の遺体が当たり前のようにありましたが
子供とはいえ戦力ですので致死までは行かない&手当はあったように思います。
もちろん 毒などは体力的に耐えられない場合は死ぬこともありましたが簡単に殺すことはなかったようです。
子供も売られてくる、又は みなしごを育てる。

村の子供は皆で育てていたので 誰だれの子供というくくりは薄かったようにみえます。
誰の子かわからない(父親がわからない) という感じです。

向き不向きも見定めて、戦闘だけでなく武器や道具を整備したり畑仕事をしたりするように分業ができていました。

忍術の秘伝の書は 戦後 GHQに接収され、今の特殊部隊に活用されているようです。

-インチョより

Copyright© スピリチュアルな体験談 , 2017 All Rights Reserved.